忽那汐里の現在を徹底調査!インスタでもわかる実力で勝ち取った復活劇を大公開!

忽那汐里さん、今なにしているんだろう?

かつてポッキーのCMでそのかわいさを全国に披露した忽那汐里(くつなしおり)さん。その後ドラマで活躍していました。

 

そんなスーパーガール、忽那汐里さんが2013年に大学を中退されてから現在までの芸能活動について噂が流れております。

  • 忽那汐里の大学中退後の仕事は?
  • 忽那汐里を見なくなったけどなんで?
  • 忽那汐里さんは現在何をしているの?

といった疑問について調査したことを書いていきます。

忽那汐里は現在何をしているかを調査した!

 

この投稿をInstagramで見る

 

last night @womeninfilmla | 📷presley ann

shioli kutsuna(@shiolikutsuna)がシェアした投稿 –

忽那汐里さんは現在なにをされているのか、といいますと、、、、、まあ、女優さんなので、現在も女優として活動をされています

 

ただし!ちょっと普通とは違う場で活動しています!

 

何が普通と違うのかというと、忽那汐里さんの活動の場が世界だからです!

ワールドクラスだったのか!!

忽那汐里さんは、14歳までオーストラリアのシドニーで生活をして、その後堀越学園高校に入学をされ芸能活動をしています。

 

もともとは日本で活動していました。当たり前ですよね。しかし、その当たり前の壁をぶち壊して現在では世界でも活動の場を広げ、その存在を広めつつあるのです!

忽那汐里が出演した作品を一部紹介する

 

この投稿をInstagramで見る

 

139本目 侯孝賢 2015『黒衣の刺客(刺客 聶隱娘/The Assassin)』 侯孝賢初の武侠時代劇、こだわり抜いたロケーションと映像美が見どころ。 カンヌ国際映画祭監督賞、アジア映画大賞作品賞他多数受賞。 時代背景や歴史に関して知識不足で置いてけぼりを食う羽目になったが、そこを抜きにしても抑揚が無く地味で始終退屈な印象は拭えず。 そもそも武侠時代劇というジャンルをさほど観ておらず馴染みが無かったので、徹底的に様式美を貫いた血の出ない殺陣には生ぬるさを感じてしまった。 妻夫木と忽那汐里は台詞も無くほんの端役程度(忽那に関しては海外版ではカットされており日本版でしか観れない)なので期待しない方が良い。 布の間を擦り抜けていくように滑らかなカメラワークやロケーションは確かに良いが、自分が観たい侯孝賢ではなかった。 #Movie #film #cinema #eiga #映画 #映画観賞 #dvd #Bluray #映画好きな人と繋がりたい #TSUTAYA #侯孝賢 #黒衣の刺客 #武侠 #Asianmovie #Asianfilm #Asiancinema #asia #台湾 #Taiwan #中国 # # #China #houhsiaohsien #shuqi #changchen #妻夫木聡 #忽那汐里 #TheAssassin #刺客聶隱娘

shin(@yatta2010heroes)がシェアした投稿 –

忽那汐里さんが出演された作品を少し紹介しますね。現在では日本にとどまらず海外でも活躍している、その証拠をどうぞ!

2019年6月 Netflixのオリジナル映画「マーダー・ミステリー」に出演
2018年 映画「デッドプール2」で物語の鍵となる大事な役として出演
2017年1月 映画「キセキ -あの日のソビト-」でヒロイン理香役
2017年 アメリカ映画「THE OUTSIDER」でヒロインのミユ役

パッと出してこんな感じです。どうですか?日本の作品もありますし、海外の作品もありますよね!特に、2018年の「デッドプール2」に大抜擢されたのが本当にすごいと思っています。

 

というもの「デッドプール2」はR指定の映画として興行収入7.85億ドル(日本円で約850億円)を上げた超大ヒット映画なのです。

850億!!??

そんな世界的な作品の物語のキーパーソンとして、忽那汐里さんは現在も活躍をしているのですから、そりゃあもうすごいわけですよ!

 

そんな役のイラストがこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

ありがとう! kawaii💘

shioli kutsuna(@shiolikutsuna)がシェアした投稿 –

素敵なイラストですね。本当に!

 

と、こんな感じで現在も活躍している忽那汐里さんです。今後もガンガン活躍していつか『世界のKUTSUNA』と言われる日が来るのでしょう。

忽那汐里の現在が注目されているのは英語力!

忽那汐里さんは現在、日本だけでなく海外でも活躍の場を広げています。ではなんで海外でも活躍することができたのでしょう?

演技力かな?

もちろんそれもあります。というかそれがないとどうにもならないので、演技力はあるはずですね。

 

ただ、それだけでは海外に出られません。必要なのはコミュニケーション能力

 

日本だろうが、世界だろうが、人間同士が仕事をするにおいて必ず必要になるのがこのコミュニケーション能力。これができないとどうしても仕事にならないんです。

確かにそうかも

コミュニケーションが取れないと、相手もどうしていいかわからないのです。しかも世界レベルでの現場では、相手から何かをしてもらうような受け身ではさっさと干されてしまいます

 

そんな世界レベルの猛者たちとコミュニケーションが取れるのがすごいのです。それが現在、忽那汐里さんが世界で活躍し、注目されている理由です。

その証拠となる、忽那汐里さんの達者な英語です。すごくないですか?英語がペラペラというのはこういうことなんですよ。

英語ペラペラ!

忽那汐里さんは14歳までオーストラリアのシドニーで生活していたそうですので、英語ができるんですね。

 

かのラグビーの五郎丸歩選手が、オーストラリアの世界的なラグビーの名門「レッズ」に移籍したとき活躍が芳しくなかったのは、英語でのコミュニケーションが壁になったからと言われています。

 

この英語の壁を越えられる忽那汐里さんの今後の海外での活躍が楽しみです。

忽那汐里が現在まで姿が消えていた理由

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇰🇷📲🇯🇵

shioli kutsuna(@shiolikutsuna)がシェアした投稿 –

忽那汐里さんは、現在は世界をまたにかける女優さんですが、大学を中退されたあと活動が減少しています。

 

現在の活動までにいったい何があったのでしょうか?

何があったのかな?

ということで見ていきます。

理由その①:松田翔太とのフライデーが原因か?

2013年に忽那汐里さんが松田翔太さんと手つなぎデートをしていると「フライデー」されています。

 

所属事務所の社長がこの報道に激怒したことがきっかけで、この頃から干されるような状態になっていた様子らしいですね。

またフライデーかよ・・・

この当時、日本のドラマに出演することが少なくなってきたのは、この事務所とのいざこざが原因なのではないかと、予測するファンもいるようです。

 

う~~~ん。業界のことはよくわかりませんが、週刊誌ともめると活躍の場が減るのはちょっといただけませんね。表ではわからないので、明らかに裏で何かしてるのでしょう。

理由その②:出産」という謎の噂

忽那汐里さんが一時期活動を縮小した原因の二つ目として、出産説があります。ですが、忽那汐里さんは結婚していません。

 

それにも関わらず「出産」という謎の噂があるのはなぜでしょうか。

 

それは空白の二年間に日刊サイゾーが、一般男性との間にできた子供を出産しているという趣旨の記事を出したことで、彼女に出産の噂が出回ったようです。

 

ザックリ言うと、ダノレガレ明美の元カレという会社員22歳の既婚男性が「忽那汐里が俺の子供を生んだ」と自分で発言していた、という内容。

 

このことについて彼女も把握していて、テレビ番組でこの噂について真っ向から否定しており、出産の噂は週刊誌のガセネタであったことが、明らかになっています。

また週刊誌かよ!

はい。お騒がせの週刊誌です。今回の週刊誌はどこかわからないようですが、ほんとにお騒がせですね。ガセネタなら広めるのはやめろよ!と思います。ってかこの男何なんだ本当に!

 

そんなガセネタによる迷惑行為もはねのけて、忽那汐里さんは現在海外でも活躍しているのです。本当に応援しています。

忽那汐里の現在までの生い立ちを見る

 

この投稿をInstagramで見る

 

#忽那汐里 #女優 #actress #shiorikutsuna #japanesegirl

🐼🌸🌹🌻🌺🌼💐🐼(@rmrm0514)がシェアした投稿 –

忽那汐里さんの現在までの生い立ちを簡単に見ていきましょう。

1992年 忽那汐里がシドニーで生まれる。
誕生日は12月22日
2006年 オスカー主催の第11回全日本国民的美少女コンテストに参加。
3次審査まで残り、審査員特別賞を受賞
2007年 3年B組金八先生に帰国子女の女子で出演
2011年 堀越学園高校を卒業
2013年 芸能活動に専念すべく、大学を中退する

忽那汐里さんは、生まれてから14年間シドニーで生活をしています。

 

でも、ご両親は日本人なんですよ。なんでも、学生時代に忽那汐里さんの母親がオーストラリアのシドニーにホームステイして良さを知ったそうですね。

 

その後帰国して、就職先をオーストラリアのシドニーにし、そこで出会ったのが父親の忽那裕(くつなゆたか)さんという話だそうです。

素敵な話だね!

そして、その後2006年にオーストラリアの学校の冬休みに、忽那汐里さんは両親の母国の日本に家族と帰国しオスカー主催の第11回全日本国民的美少女コンテストに参加

 

3次審査まで残り、審査員特別賞を取ったことが忽那汐里さんの人生を大きく変えていきます

へぇ~、そうなんだ!

2007年には3年B組金八先生に、忽那汐里さんも出演されるわけですが、オーストラリアにいたときは、忽那汐里さん自身は「自分の日本語は問題ない」と思っていたそうですね。

 

ですが、はたから見たその日本語は外国人が話す鈍った日本語レベルだったようで、ドラマの役柄も日本人の学生から、帰国子女の女子という設定に変更されたそうです。

あらま、そんなことが

そして、日本の芸能活動をするために、忽那汐里さんは堀越高校に入学し、家族はオーストラリアに帰ったそうですね。

 

その後は大学に入学するものの、芸能活動を優先させるべく中退そして現在に至るわけです。

 

 

まとめ

いかがでしたか。忽那汐里さんの現在までの活動の様子、その復活劇をおつたえしてきました。

忽那汐里の現在までのまとめ
  • 現在は日本だけでなく海外でも活躍中
  • 英語がめちゃくちゃ達者
  • 14年間シドニーで暮らしていたから
  • 週刊誌の嫌がらせにも負けないで現在躍進中

こんな感じです。本当にこのままどんどんと世界で活躍してほしいですね。

 

また、なにか 情報が更新されたら追記していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)