会社設立代行を司法書士に頼むなら

会社の設立とは、会社の基本的事項である商号や営業所の所在地、さらには事業の目的、例えば不動産事業などを記載し、会社の権利義務の範囲などを確定していく定款という書類を作成するところから始まります。

会社設立を代行する業者の特徴

個人事業であれば税務署に届けを出せば開始できますが、株式会社や合同会社などを作る場合、様々な手続きをする必要があります。

会社設立を代行する方法

事業を始める場合、会社設立と個人事業の選択がありますが、会社を設立しないで事業を始めたら自動的に個人事業になるので、選択肢は会社設立をするかしないかと言い換えることもできます。