会社設立代行を司法書士に頼むなら

会社の設立とは、会社の基本的事項である商号や営業所の所在地、さらには事業の目的、例えば不動産事業などを記載し、会社の権利義務の範囲などを確定していく定款という書類を作成するところから始まります。

これらの定款作成は定款のひな型などをみて自分で作成することも可能です。しかし、会社を設立するということはこれから事業を始めようという場合か、個人事業が軌道に乗ってきたという場面がほとんどで行政手続きに時間を割いていられないというのが実態です。このような状況で会社設立代行サービスのニーズが出てきて、法律の専門家や税理士などが会社設立代行サービスを提供しています。

法律の専門家の一つとして司法書士がありますが、この司法書士に頼む意味を考えてみましょう。司法書士は本来登記に関することを専門の事務としています。ですので公証人役場に認証された定款をもって法務局に会社設立の登記の代行等を行うことが本来業務といえます。しかし、本来業務に付随して定款作成も可能となっています。

司法書士にこの会社設立に関する事務を依頼する意味として、登記等の本来業務というだけでなく、実は司法書士は少額の訴訟などの代理権を有している人もいます。この意味は事業を始めて法律的なトラブルに巻き込まれたとしても少額の案件であれば司法書士に相談して解決する道があるということです。訴訟というと弁護士の専権のようですが、実はこのような道もあるのです。

ですので、事業の内容が法律的なトラブルに巻き込まれるおそれがあり高額とはならないようなものについては後日の相談できる関係を築くために司法書士に頼むことに理由があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *