会社設立を代行する業者の特徴

個人事業であれば税務署に届けを出せば開始できますが、株式会社や合同会社などを作る場合、様々な手続きをする必要があります。

会社設立の手続きは自分で行うこともできます。ですが、必要な書類を作ったり申請をしたりと本当に大変です。代行サービス業者に任せてはどうでしょうか。業者は1週間~2週間ほどで会社を設立してくれます。

手数料は必要ですが、間違いや漏れがないよう注意してくれるので、やり直さなければいけなくなるようなことはないでしょう。自分で行う場合は情報の不足による間違いや漏れが発生しがちです。やり直しとなれば、また公証役場や法務局などに行かなければなりません。会社設立するにあたって定款も必要なのですが、その作成のサポートもしてくれる業者もあります。近年は紙ではなく電子の定款なのですが、その作成を代行する業者もあるでしょう。司法書士、行政書士、税理士など専門家がサポートしてくれる所もあります。設立登記申請も司法書士なら代行することができます。

業者を選ぶ際のポイントとしては、専門的なアドバイスを受けることができるか、会社を作った後の税務サポートがあるかなどを確認し、さらに補助金や助成金などの情報を提供してもらえるかなども聞いてください。会社設立に必要な事業計画書の作成のサポート体制が整っているかもチェックした方が良いかもしれません。この他にも気になることや疑問があれば事前に確認しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *