会社設立代行の役割とは

最近会社設立の代行業者の台頭が著しくなっています。

なぜ代行業者の業務が成り立っているのでしょうか。

それは、この業務に特化してITを駆使して件数をこなしているからです。これまでの会社設立業務は、専門知識が必要な分野と考えられていて司法書士や行政書士などの専門家がお客様と面談して法律的な知識を駆使して定款などはオーダーメイドで作成していくものと言う観念が定着していました。また他の業務を併用しているので特化して業務をこなすことはできませんでした。電子定款の出現で定款作成がIT環境と内部業務マニュアルの整備で大きく変わろうとしています。

事務が簡素化された分電子認証などで電子定款は、チェックを受けたものしか通用しません。法務局の手続きは、書類を揃えて提出することは変わりませんが、電子定款を利用する面ではスピードがあるほうが迅速に手続きがとれることになります。

ペーパーレスである限りチェックがされるのであれば面談手続きは、必要なくなります。書類保存がITを利用する本来の趣旨は事務の合理化です。その流れの中で会社設立の代行業者がすることが特殊な状況ではなくなってきているのです。

しかも自分で電子定款を申請して会社設立をするとその作業に多くの時間がさかれ本来の開業準備ができなくなります。また電子定款では、印紙代が文書でないのでかからない関係で4万円費用がかからなくなっています。会社設立業務に特化した代行業者のほうが安い費用で確実な事務処理ができるという事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *