代行サービスを利用して会社設立を行う

会社設立を目指すことは珍しいことではありません。

規制緩和により資本金0円から株式会社が設立可能となったため、自分で新しい事業を始めたいと考えているなら、非常に良い機会でしょう。ここでひとつ問題があるとすれば、会社設立の手続きが非常に複雑で一般人が手を出すには難しいという点です。もちろん今はインターネットや書籍などで調べることで、知識を仕入れることができますから、なんとか会社の設立までこぎつけることはできるでしょう。

しかしその間、新規事業に関する仕事はできず、もったいない時間を過ごすことになります。できれば手続き等は誰か専門家に任せたいものです。そのために、会社設立代行サービスが存在します。

会社設立代行サービスにはさまざまな種類があります。会社設立を行う手続きのみ代行することで、料金を抑えることができるサービスや、法務局への登記申請が通過したあとの各役所の手続きまでサポートしてくれる場合もあります。料金によって代行してくれる幅が異なりますから、注意が必要です。

もしコストを気にするのであれば、とりあえず法務局への登記さえすますという手段もありますし、さらに定款は通常の紙の定款ではなく、電子定款にすることにしましょう。電子定款には収入印紙をつける必要がありませんから、コスト削減につながります。サポート会社には行政書士や税理士などが所属していますので、不明点などをいつでも聞くことが可能です。安心して会社を設立できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *