会社設立で代行した方がいいものとは何か

会社設立の手続きは法律の改正で大幅に緩和されたので簡単になりましたが、その中でも手間と時間がかかるのが定款を作成して公証役場で認証をもらうことでしょう。

この公証役場の認証は少しでもその内容が法令に則っていなかったり、様式を満たしていない不備があれば訂正を求められて、また新たに作り直す作業を続けなければなりません。しかも訂正したものを出すと再び同じ審査内容で確認が行われるため、その日数は長くなる一方だと言えます。

会社設立を行いたい人は一日でも早い事業の開始をしたいのですから、この定款の認証に至る煩わしさは困っているのが現実です。そこでこの定款の作成を代行してもらい、早期に認証をもらうというのか効率の面からすると最適になります。

会社設立での定款の作成は義務なので避けられませんが、その作る作業そのものは会社関係者が行われなくてもいいので、ここをそのような書類を作るプロである行政書士に代行してもらえばいいのです。

行政書士の人はそのような公的機関に提出する書類に精通しているので、訂正を求められることが少なく、しかも早期に完成して公証役場に提出することができるでしょう。規定でも定款は会社関係者が作らなければいけないという規定がないので、代行で作成してもらっても何も問題がないのです。

会社設立は大きな変化点であり、できれば全てを自らの手で行いたいという気持ちは理解できますが、やはり経験不足から何回訂正しなければいけなくなるのかわからないので、ここはプロの手を借りるというのが得策なのは間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *