会社設立を代行してくれる業者とは?

会社設立を代行してくれる業者にはいくつかあります。

どこまでのことをしてほしいのかによって、依頼をする業者は変わってきます。最近ではインターネットですべての業務を完結してくれるところも登場しているそうです。登記をしてくれる専門家といえば司法書士が思い浮かぶでしょう。司法書士は登記をしてくれますが、法律のアドバイスも受けられることがメリットです。

司法書士に比べるとできる業務の内容が限られてきますが、行政書士に依頼をすることも可能。税務相談を受けたいなら税理士がおすすめです。税務相談や税務署に提出する書類の作成は司法書士ではできず、税理士でないとできません。

しかし、会社設立代行業者には税理士の資格を持つ人が在籍していることが多いので、税理士事務所でなくても税理士の資格を持つ者が在籍している会社設立代行業者ならOKです。さて、以上で説明した業者はいずれも専門的な資格を持つ者ですので、コストはそれなりにかかります。

コストを格安ですませたいなら、電子定款の作成だけを代行してくれる業者がよいでしょう。それ以外のことは基本的に自分でやらなければならないですが、電子定款の作成だけに依頼内容を絞ることで費用をおさえることができます。

ただし、「無料で代行します」といった宣伝をしている業者には注意が必要です。なぜなら、そのような業者もボランティアでやっているわけではなく、有料の契約に誘導することが目的である可能性が高いからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *