会社設立をどこに代行してもらうか

会社の設立に大量の書類を用意する必要がある。

そしてその面倒な作業を代行してくれる企業があるというところまでは知識として有している人もいるのではないでしょうか。しかし、実際どんな企業が会社設立の代行業を営んでいるか分からないという方も中に入るのではないでしょうか。

会社設立の代行業は、司法書士・行政書士・税理士などが行っています。しかし、それぞれ得意・不得意分野があります。司法書士は設立に関する資料や登記の申請を行います。法に通じた専門家が処理にあたるので、スムーズに手続きを進めることができます。

しかし、税務関連は埒外ですのでご自分で処理をするか、別に税理士などに依頼しなければなりません。行政書士は書類の作成は行ってもらえますが、登記申請を代行することができないうえに、司法書士と同様に税務処理は埒外です。税理士は税務の専門家ですので、しっかりと処理をしてもらえることはもちろん相談にも対応してもらえます。

こちらは設立関連書類が埒外となりますので、司法書士などに必要な書類作成を委託し連携して依頼に当たるという形態を採っていることが多いです。税理士契約まで考えている方は、税理士に依頼すると面倒が掛かりません。

以上のようにそれぞれに個性があります。会社設立の際に代行を依頼しようとお考えになっている方は、ご自分の会社設立に必要な事項が対応業務として扱われているのかなどをしっかり調査のうえで依頼するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *