電子定款のメリットとデメリットとは

これから会社を設立しようと考えている方は、定款というものを作成しなければなりません。

これは会社を運営していくための規則です。例えば、商号、目的、本店の所在地、発起人の住所と氏名、発行可能株式総数などの絶対的記載事項、ほかには相対的記載事項、任意的記載事項と言われるものがあります。定款は従来、紙(書面)にて通常は作成されていたものでした。しかし、コンピューターやインターネットなどの普及により、2004年から電子化されたものでの作成が主流になりました。

これを電子定款と言います。電子定款はソフトなどの機器がある環境であれば自分ひとりで行うことはできます。主流の電子定款で作成する場合は、紙(書面)で作成するのに比べて収入印紙代の4万円がかからないというメリットがあります。これが最大のメリットと言えます。しかし、これからソフトやカードリーダーなどの機器を買いそろえたり、複雑な手順を一つ一つ行なっていかなければならない場合もでてきます。

機器が整った環境で手順も間違わずにできれば問題はないですが、手順を間違ってしまった場合は再度、手続きをやり直さなければなりません。このような環境でなければ手続きを代行してくれるスペシャリストに依頼することもできます。例えば、司法書士や行政書士などの専門家に作成をお願いすることです。機器が整った環境でその道の専門家に任せることも電子定款の作成には考えられることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *