電子定款を使った会社設立代行を使う利点

電子定款を使った会社設立代行を使うメリットは、自分でやるよりも安くなるという点です。

代行業者を利用しても、通常かかる実費は依頼する側が負担することになりますが、電子定款は紙と違って印紙代の4万円がかかりません。つまり、4万円分節約することができます。もちろん、それなら自分でやれば安くなることになりますし、それもまた事実です。ただ、電子定款を作るためには電子署名を入れるための有料のPDF作成ソフトや、マイナンバーカードから電子署名を読み取るためのICカードリーダライタなどが必要です。

それを購入すると4万円を超えてしまうこともありますから、すでに持っている人は別として、持っていない人が自分でやろうとしても結局は安くはなりません。その点、業者は自分でやるより安くなると宣伝しているところの場合、この浮いた分の手数料以下で代行サービスを提供しています。加えて、自分でやる手間をかけなくても良いという利点を享受できるため、複雑な会設立のための手続きを任せることができます。

中には定款の認証だけといったところもありますが、法務局への登記申請代行まですべてやってくれるところもあります。それぞれ料金とやってもらえることの中身が異なりますので、比較して選ぶと良いでしょう。多くは士業がかかわっていますが、士業がそれぞれの得意分野を補い合って運営しているような会社設立代行サービスが一番安全でおすすめすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *