電子定款の作成をすると印紙代が浮く

電子定款とは、定款の作成をPDFで行うスタイルのものです。

紙との違いは電子媒体であるという点だけですが、コスト的には印紙代がかからないというメリットがあります。株式会社の場合、定款の認証手数料は4万円ですので、これが節約できることは設立コストを下げられる点でメリットがあります。ただし、電子定款を作るためにはソフトやICカードリーダライタなどが必要になり、持っていなければそれを購入すると4万円程かかってしまいますから、自分でやっても節約にはならない人もいます。

そんな時には、会社設立代行業者を活用すると良いでしょう。会社設立代行業者の中には、自分でやるよりも安くなると宣伝しているところが多く見受けられます。このからくりは、手数料が安く抑えられており、代行業者も電子定款を使って代行作業を行うため、設立のためのコストを差額分抑えられる結果お得になるというものです。会社設立代行は、士業がかかわっていることが多いです。行政書士が特に数が多くなっています。

ただ、行政書士ができるのは定款の作成と認証までであり、登記書類の作成と登記申請代行は司法書士と弁護士しかできません。きちんとしたところはすべて代行している場合でも提携する司法書士等に任せています。しかし、中には発起人名義で勝手にやっていることもあります。それは違法ですし、トラブルになりかねないのでしっかりと司法書士がかかわっているかどうかは見ておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *