電子定款を用いた認証手続きとは

会社を設立する際には定款を作成する義務があることをご存知ですか。

定款とは、組織や活動などに関する根本規則を記載した書面で、一般的に商号や会社設立の目的・所在地・出資される財産の金額・発起人の氏名・住所などの様々な事項を記載した書面の事を言います。会社設立をしようとすると定款の記載が正しいかどうかを公証人に認証してもらわないと効力を持ちません。株式会社の場合のこの手続きを「定款の認証」と呼びます。定款の認証は、従来書面で作成しなければなりませんでした。

平成19年からこの制度によるコンピューターで作成された電子文書による申請が認められるようになりました。電子定款では、書面申請で必要になった収入印紙の4万円が必要ないので、この方式で認証を受けることが常識になっています。電子定款を用いて認証を受ける前に原案を作成することが必要になります。文書についてはワードでの作成が変換しやすいです。もし、申請の際記載に誤りが見つかると、訂正ないしは再申請を求められ申請料金を二重に支払うことになりますから注意が必要です。

そのため、作成した原案は、電子定款にする前に公証役場や法務局で事前にチェックしてもらうのがいいです。機材購入などの付帯経費がかかることも覚悟する必要がありますので注意が必要になります。電子定款を作る手間や認証手続きのややこしさを考えれば、司法書士のもとで電子定款を使用しての手続きを依頼するのが収入印紙代を省く得策といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *