電子定款を外部に依頼しないで作成するためには

電子定款を自分で作成するためには、まずワープロソフトを利用して定款の具体的な中身を作成していきます。

定款は、会社を設立する場合には作成する必要があるもので、会社の構成員や事業目的など色々な項目が記載している文書のことです。そして、定款が完成したら電子署名を付与する前に、前もって公証役場で内容を確認してもらいます。公証役場とは会社を設立するのに必要となる電子定款などの書類が正当な方法によって作成されていることを証明する機関です。書類が公証役場で正当なのかどうかを判断してくれる方のことを公証人と呼びます。

また、定款が出来上がったら公証役場で認証して貰う必要があるのですが、認証して貰う公証役場はどこの公証役場でも良いという訳ではなく、設立する会社の本社がある地域と同じ地域を管轄する公証役場であることが必要です。ただし北海道の場合は例外措置がとられている場合があります。公証役場にいる公証人の方によって、前もって電子定款の確認を行う方法が電子メールやファックスなど対応する方法が異なる場合があるため電話で事前に確認しておくと効率的に作業が進められるので、おすすめです。

次に、定款の電子データを特定のファイル形式に保存するソフトとICカードリーダライタ、電子証明書つきマイナンバーカードを用意します。用意したマイナンバーカードに保存された電子証明書のデータを利用するためには、公的個人認証サービスを提供するポータルサイトから利用者クライアントソフトをダウンロードしてパソコンにインストールすることが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *