電子定款を利用することのメリット

電子定款は、会社の設立に必要な定款を電子媒体で作成したものです。

これを用いると印紙代4万円を節約することができます。ただし、会社設立代行業者を利用しないと、節約できいことになる人が多いです。それは、電子定款を作るためのソフトや機器を購入すると4万円ほどかかるわけです。電子定款の作成を利用している会社設立代行の業者の場合は、すでに機器を持っているのでその分の負担は依頼者の方にはかかりません。

また、代行手数料を安く設定する代行業者の場合はそれを含めてもトータルで浮いた分を超えることはないので、結果として自分で会社設立をするよりもやすくなります。それに加えて、自分で手続き的なことをしなくても良いという利点もありますので、結局自分でやるより楽で良いです。会社設立をしている業者はたくさんありますが、どれを利用するかは評判などを加味して選ぶべきでしょう。なぜなら、設立は重要なことであるため、きちんとしてもらえる業者を選ぶ必要があるからです。

ネット上では多くの口コミを見られるようになっているため、もし代行業者を選ぶつもりであるのならそちらをチェックして選ぶようにした方が良いです。士業がやっているのが多く、普通の会社がやっていても内部に士業がいます。行政書士が多いですが、行政書士ができるのは定款の認証までです。登記申請はできないので、もしやっているとしたら行政書士が司法書士と提携していることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *