会社設立の手続きに電子定款を使う

定款とは、会社の憲法ともいわれるもので、会社を設立する際の手続きとして必ず作成しなくてはならないものです。

絶対的記載事項としては、商号、目的、本社所在地、発起人の氏名及び住所、発行可能株式総数があり、相対的記載事項、任意的記載事項を加えて作成します。会社を運営していく上での最も大切な決まりごとを策定するもので、会社の基本姿勢を内外に示すものです。従来定款は紙で作成し、交渉人役場で認証を受けるという手続きが必須でしたが、2004年よりPDF化した電子媒体で送信して認証を受ける電子定款という選択肢が登場しました。

ただし、インターネット上ですべての手続きが完了するわけではなく、認証された定款は公証役場で受け取る必要があります。電子定款のメリットとしてまず言われていることは、紙の定款に貼らなくてはならない、印紙税の40000円が節約できるという点です。しかし、作成には専用のソフトのインストールや、バーコードリーダーなどパソコンの周辺機器が必要となり、思いのほか節約につながらなかったというケースも報告されています。

電子定款作成のプロセスや煩瑣な手続きを考えると、定款に関する知識やパソコンのスキルに自信がない場合などは、会社の設立手続きの代行やサポートをしてくれるプロに相談したり依頼したりすることが賢明といえます。一般に、税理士法人や行政書士・司法書士事務所などで対応してくれます。最初の相談は無料というところが少なくないので、サービス内容や費用を確認して依頼します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *